共創プログラムの原点は持続可能性だった

皆さん、こんにちは!SBA運営者の熊谷です。

 

【今日のストックビジネスの一言】

 

「共創プログラムの原点は持続可能性だった」

 


SBAの共創プログラムからは各社いくつもの

サービスが生まれていますが、

 

共創プログラムのできた背景をあらためて

思い起こしました。

 

3年ほど前に、アメリカ最大の経済団体

が株主最優先の考えを否定しました。

 

歴史の転換点です。

資本主義が限界に来ているのを認めた

と同時に実は、今までとは違う事業の永続

という考え方が大事だとなったわけですね。

 

 

競争の果ての成長の限界の対極にあるのが

共創になります。

 

一人では時間もかかり世の変化のスピードにも

ついていけませんので、一人よりも共創によって

ビジネスを生み出せればスピードも速くなります。

 

たぶんそれは当たり前になる日がそこまで

来ていると思うのです。

 

学び方も変わると思います。

 

 

例えば、今までの経営者勉強ならば「やり方を

学ぶ」だったかもしれませんが、

 

今からの経営者の学びというのは、受け身で

学んでいくのではなくて外部の会社であったり

人と共創をする中で学びを得ながら、新たな

価値を生み出して行くことだと思います。

 

 

今からは、自分たちの得意分野と外部の会社や

人と共創によって商品やサービスを作っていく

ということが当たり前になりますね。

 

これそのものが今までの資本主義とは違う

持続可能な社会・SDGsの考え方に近いと思います

 

私はSDGsを信奉しているわけではありませんが、

少なくともその方向に世界も国も個人も動いて

いることは間違いありません。

 

そのために重要なのは、長期的な視点と

ストック思考によって、将来ストック

ビジネスとなり得る成長する市場を

作っていくという考え方です

 

 

その考え方に共感する人たちが集まる

 

共に学ぶコミュニティ

 

「共創が生まれるコミュニティ」

ここの重要性がますます増していくと思います。

 

これは新しい学び方というよりも

むしろ実践道場というほうが合っていると思います

 

 

価値とは何か

その価値には連続性があるのか

その価値は体験できるのか

その価値が再現される証拠は何か

 

こんな問いかけをいつでもできる外部と繋がる場、

仲間、コミュニティ、経営者の新しい学び方は

こういう姿だと思います。

 

まさにそれがSBAです。

 

こういう考えに共感していただける

 

世界中の方と共創していきます。

 

SBAでは会員限定のコンテンツ配信や
共創コンパと称してリアル飲み会も
実施しています。

 

7月には、あの大人気企画である

「ストックビジネスマスター講座」

を5年振りに開催いたします。

 

こちらは一般の方もご参加いただける

プログラムですので、是非ご確認ください!

 

▼SBA 2024年ストックビジネスマスター講座

2024年ストックビジネスマスター講座

 

生の情報交換からビジネスを一緒に
考える機会と環境を提供!

 

活発な意見交換ができる本当の仲間と
沢山のヒントに気づけることが魅力です。

 

SBA実践会 運営者 熊谷 美威(みのる)でした。

 

 



Copyright © Stock Business Academy. All Rights Reserved.